アウトドアにはゴミ箱も必須!失敗しない選び方のポイントなどを解説します!

近年はコロナ禍の影響で、アウトドアがとても人気の遊びとなっています。
当然子供達も集まって外でバーベキューをしたりするのはとても楽しいです。
しかし最近ではキャンプ場のマナーについて問題となっている部分が多々あるのが原状です。
その主な原因としては、持ってきたゴミを責任持って帰らない人がいる事です。
そうならないようにするためにも、ゴミ箱をしっかりと設置することが大切です。
そうする事で、マナー違反を少しでも減らしていきましょう。

アウトドアにはゴミ箱も必須!失敗しない選び方のポイントなどを解説します!

アウトドアは多くの方々が大勢で楽しむ事の出来る遊びであり、キャンプ場を使うのに綺麗に片付ける事は利用者の義務となります。
しかし中にはゴミを所定の場所に捨てなかったり、捨ててはいけない物を捨てたりするマナー違反者がいます。
さらに普段マナー違反をしない方でも、思わぬところでしてしまう可能性があります。
そうならないようにするためにも、ゴミ箱の選び方は大切です。
そこでおすすめなのが、分別がしっかり出来るゴミ箱を準備する事です。
それでマナー違反は格段に減ります。

両手が塞がっていても使えるペダル式のゴミ箱はアウトドアにも最適

何かと両手が塞がってしまうことが多いアウトドア行事に対し、使用するゴミ箱の選択はかなり重要になってきます。
できるだけ衛生的に使いたいので剥き出しのままのゴミ箱だとあまりよくないですし、かと言って蓋をしてあるタイプだと手を使えない時に非常に不便になってしまいます。
そんな心配を一切せずに快適に使用できるのがペダル式の大きなメリットになるので、どのタイプを購入しようか悩んでいるのであればぜひペダル式にしてみてください。
足でペダルを踏むだけで自動的に蓋があいてくれるのでとても便利ですし、捨てたゴミが周囲に散乱してしまう心配も一切なくなるので大きな需要があります。
また、かなりコンパクトなサイズも多数販売されているので、アウトドアに持っていける重さである点も魅力の一つでしょう。
値段の相場も1個が大体1,000円から5,000円以内ととてもリーズナブルですし、ネットで気軽に注文できる商品が豊富にあることも良さの一つです。

人数に合わせて選びたいアウトドア用のゴミ箱

キャンプやバーベキューなどのアウトドアが日本でも人気がありますが、春や夏になると特に楽しむ人が増えてくる特徴があります。
実際にキャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しむときは、1人だけでなく複数人が参加することが多いと考えられますが、料理や食事をしたときにゴミがでることがあるので、一時的に捨てられる場所を確保しないといけないです。
専用のゴミ箱が販売をされていますから、参加をする人数にあわせてゴミ箱のサイズについても変化を与えないといけません。
ゴミ箱のサイズが小さいと少量しか収納することができませんから、大人数で料理や食事をすると廃棄するゴミが溢れてしまうような危険性があります。
ある程度大きめのゴミ箱を買ったほうが、持ち運びは若干大変になりますが、ゴミを現場で置き忘れるようなリスクを減らせる可能性が高いです。
ゴミの不法投棄が社会問題にもなっており、余りにもマナーが悪いとキャンプやバーベキューができなくなる可能性もあるので、ゴミの管理は各自でやらないといけません。

キャンプのマナーを守るために必須のゴミ箱

利用者がそれぞれマナーを守ってこそ、キャンプの本当の楽しさが味わえるものです。
特に問題となりがちなのがゴミ問題ですので、その処理についてはキャンパーが各自高い意識を持って間違いのないようにしていくことが重要です。
そこで必須となるアイテムが、適切な処理ができるゴミ箱となります。
非日常空間を楽しむことがキャンプの大きな目的でもありますので、日常の象徴とも言える大小様々なゴミは常に見えない場所にしっかりと保管し、自宅に持ち帰ってから処理しなければなりません。
またバーベキューをする場合などは多くの生ゴミも出ますので、その臭いについても問題となります。
快適な滞在時間を満喫するためにも、臭いをカットすることができる高性能なゴミ箱を持参することがおすすめです。
自然の中であれば、生ゴミはあらゆる野生動物を引き寄せてしまうおそれがあるものですので、特にゴミ箱の性能が重要と言えるでしょう。
人間の活動によって出されたゴミに野生動物を近づけないということも、必ず守らなければならないマナーです。
適切なゴミ箱を購入し、間違いのない確実な処理を行ってアウトドアを満喫してください。

キャンプに最適な持ち運びが楽にできるゴミ箱

キャンプに行くと必ず持ち運ぶ必要があるのが、ゴミです。
ゴミ箱は持ち運びができるタイプがおすすめです。
最近はさまざまなタイプのものがインターネットのアウトドア専門サイトや、アウトドアショップでも売られています。
人気があるのは、バッグタイプになっていて、チャックで開閉できるものです。
ゴミは車の中に入れるもので匂いや水漏れ、場所をとってしまうことも気になる人も多いです。
持ち運びが楽にできるゴミ箱は、肩に紐がついていてかけられるようになっているので、重くなっても男性なら簡単に車まで持ち運べることも可能です。
大きさも小さいものだと10リットルから揃っているので、ニーズに合わせて選ぶと良いです。
オシャレで見た目も落ち着いた雰囲気のものが良いでしょう。
色も好みに合わせて選べるので、通販サイトなどで家族と相談しながら決めるのも良いでしょう。
金額も手ごろな値段で買うことができるのでおすすめです。
キャンプの時に活躍できるものを選びましょう。

著者:疋田輝義

筆者プロフィール

山梨県甲府市生まれ。
子供の頃から月に2回はキャンプに行くベテランキャンパー。
自分の経験をもとにキャンプのゴミ箱について記事をまとめました。
ペダル式 ゴミ箱